2011年08月25日

レンガ補修

所です。
今日は駐車場に設置している花壇を修復します。
a.jpg
随分傷だらけです。
b.jpg
ぶつかった車も同様に傷だらけなのでしょうか。
c.jpg
欠落した箇所には屋外でも耐久性のあるパテ剤で成形します。
レンガ素材は雨などに濡れた時、水分を含んで色が濃くなります。
パテを用いて塗装した箇所は晴れた(乾いた)日の色で合わせているので、雨の日などは浮き出てしまいます。
今回は『原状回復工事』と理解して頂き施工しました。
d.jpg
晴天の空の下、パテの硬化も早いようです。
レンガは木やアルミサッシとは違った手触りがあります。
つるんと研磨してしまうと質感が変わってしまいます。
あえてラフに、周りのレンガと馴染むように成形していきます。
e.jpg
サンドペーパーBOXが散らかっていて見っとも無い写真でスミマセン。
f.jpg
整ってきたら塗装していきます。
経年変化で”味”の出ている周りのレンガの色味に合わせて仕上げます。
g.jpg
二人で5時間程度の作業。
h.jpg
弊社ではいろいろな部材の補修工事を行なっております。
「こういうモノも補修できるんですか?」というご相談も数多く頂いております。
もし皆様のご自宅にストレスを感じる”モノ”がございましたら「九州リペアネットワーク」までお気軽にお問い合わせ下さい!
posted by 九リペ at 19:56| その他

2011年07月13日

木目調の玄関サッシ

所です。
福岡はいつの間にか梅雨明けしたようです。
でもここ3日間くらい、夕方になると決まって雷雨がやって来ます。
屋外作業の時は天候とも上手く付き合って行かなくてはなりません!
00000.jpg
ご自宅の玄関枠にビス穴と欠けキズがあります。
00001.jpg
リフォーム工事業者様からのご依頼で、ドアクローザー取付の際に誤って穴やキズをつけてしまったようです。
00002.jpg
外部のアルミサッシですので耐久性の強いパテ剤と塗料を使用します。
パテをうち、研磨した後は丁寧に木目を描いていきます。
補修箇所は大きな玄関枠の上部ですので、脚立に上ったり降りたり(^へ^;)… 下から観た時も違和感が無いように着色します。
00003.jpg
仕上げにラッカースプレーなどでツヤ合わせ作業と保護膜形成作業を行ないます。こちらも勿論、雨風に耐えうる製品を使います。…ツヤ合わせの時も脚立に上ったり降りたり(^o^;)
00004.jpg
3時間程で完了。
00005.jpg
ツヤ合わせに時間が掛かりましたが、お客様にもご満足頂けたようです。
0006.jpg
有り難うございました!
posted by 九リペ at 20:11| サッシ

2011年06月29日

第3回パートナー養成スクール

リペア工事担当の所です。
今回も今までと変わらず、わたくしが書き込みます(^_^;)
555.jpg
先週、3回目のスクールを実施致しました。
ご自宅でちょっとしたキズなど直してみたい方など、お気軽に参加して頂く為に今回は初級編からコースを設けました。
その結果5名の方に『第3回パートナー養成スクール』を受講して頂きました。
しかも第一期生の方も”自己練習”という形で参加され、合計6名の方が3日間『リペア』について学ばれました。
IMG_6076.jpg
6名の人数でものびのび受講できる様にと、今回はスクール開催前に急遽リペア室を改装しました。
弊社の会議室(エアコン付き♪)と今までのリペア室(エアコン無し!)の壁をぶち抜いて一つにして、広〜いNEWリペア室が完成しました!
様々な専門技術者の集まった弊社ですから(^0^)/ 今回の様な急な改装工事も社員だけであっという間!
旧会議室のタイルカーペットから木目のきれいな明るい色調のフローリングに変身!
クロスの仕上がりもバッチリ!
…さすがに部屋が広すぎてエアコンの効きは悪くなったみたいです(>_<)
準備万端!
IMG_6082.jpg
さてスクールの内容ですが、5名の受講者の方には『フローリングのキズ補修/中級編(3日コース)』を体験して頂きました。
一般的な(20分程で完成する簡単な)キズから、特殊な(半日以上かかる難しい)キズまでボリューム満点で講義させて頂きました。
打痕キズ、表面材のめくれキズ、長い線キズ、色染みなど、皆さん凄い集中力で実技に取り組まれていました。
@成形作業、A着色作業、Bツヤ合わせ作業の中で、Aの調色や筆使いに苦労されている方が多かった様です。
中には”明日にでも現場で作業できるのではないか”と思うほど上手な方もおられました。
…講義中、私がリペアの仕上がり見本などを作らないといけないのですが、プレッシャーに負けそうでした(^0^;)
IMG_6090.jpg
スクール最終日は皆さんにスクールの感想をお聞きしました。「楽しかった」「内容が濃く、あっという間に時間が過ぎた」と言って下さる方が多く、私もホッとしました。
今回もまたスクール講師をさせて頂き、受講者の皆様から逆に学ぶことが沢山ありました。本当に勉強になります。有り難うございました!
RIMG0022.jpg
最後に今回も『修了証』を5名の方にお渡ししました。
皆さんの記念撮影での笑顔や3日間共に過ごした時間は私の胸に深く刻まれております。
ご縁で出会ったのですから、リペアに関わらずとも良いお付き合いがこれからも続くことを願っております。
どうぞ宜しくお願い致します!!
posted by 九リペ at 18:53| 日記

2011年04月21日

持ち帰り建具補修

お客様から建具の補修依頼を頂きました。
まず現調でお宅を拝見すると、愛犬によるおしっこが原因でしょうか?…建具数枚の下部がふやけています。
ガラス入りの重い開き戸、大きなサイズの引戸、クローゼットの折戸、キッチン収納の扉など計8枚補修の必要が有りました。
お部屋での作業よりも弊社に持ち帰った方が作業効率が良いと感じ、お客様の了承を得て8枚分の建具を取り外し持ち帰る事にしました。
軽自動車で伺ったのですが、車内はギュウギュウになりました(^ ^;)
お客様の大切な持ち物ですので、ゆっくりゆっくり安全運転で事務所へ戻りました。

4.1.jpg
4.2.jpg
4.3.jpg
今回は充分に工期を頂きましたので、日々の現場工事が終わってから夜間作業したり、雨天で他の外部工事が延期した日などに作業しました。

4.4.jpg
作業手順はまずふやけてしまった箇所を取り除きます。

4.5.jpg
パテ処理をして成形。
そして着色をしていきます。
※お客様と協議の上、今回は塩ビシート貼りなどでは無く、塗装による補修を選びました。

4.6.jpg
根気のいる作業です。
こちらは仕上がった引戸。

4.7.jpg
こちらは仕上がった折戸。
お預かりしてから3週間後、ようやく8枚全て完成しました。

大切に大切に建具をお届けし、取り付けと傾きなどを調整して完了です。
お客様にとっては、長い間建具の無いお部屋での生活でしたので、申し訳なく感じていました。
また補修によってどのように仕上がってくるのか?…不安もあった事と思います。

ようやく建具をお届けでき、そして補修の仕上がりにも大変満足して頂き、自分もホッとしました。
お客様の満足度を上げる為に今まで補修技術を磨いて来ましたが、作業期間中のお客様のストレスを解消する事にも気を配らなければならないと改めて感じました。
これからも対部材、そして対お客様との接し方を勉強して行きます!!


追記… わたくし”T”がこの『リペア日記』を書きはじめて1年半ほど経ちます。
文脈のマンネリ化も気になります(^ ^;)
今後は他の職人の『リペア日記』も載せて行きたいと思います☆
乞う御期待!!
posted by 九リペ at 19:50| ペット傷

2011年03月15日

第2回パートナー養成スクール

2月7日から11日まで「独立講習(第2回)」を開校しました。
今回は皆さんが補修経験者でした。
独学で簡単な補修工事をやってこられたそうですが、さらに技術を磨きたいとの事で受講を希望されました。
改めてリペアの基本(@成形 A着色 Bツヤ合わせ)を講義しましたが、やはり皆さん呑み込みが早かったのではないでしょうか。
101.jpg
102.jpg
103.jpg
今回もフローリングの部材でまず基本的な流れを身に付けて、慣れて来たら希望に応じて、建具、家具、サッシ枠の補修へと進みました。
最終日には実際の現場で実技講習を行ないました。
104.jpg
105.jpg
106.jpg
最後にリペア業のこれからの展開などを話し合ってから『修了証』をお渡しし、2回目の「独立講習」を終了しました。
『九州リペアネットワーク・パートナー養成スクール』の講義を受けられた方は前回と合わせてこれで合計6名になります。
107.jpg
皆さんの今後のリペア業での成功を期待しております!
posted by 九リペ at 20:05| 日記

2011年02月22日

商業ビル・エントランスの石補修

至る所に石の欠けがありました。
業者さんが搬入の際、台車などをぶつけてしまって次々と増えてくるそうです。
石の補修の場合も基本的な流れは同じです。
成形→着色→ツヤ合わせ です。
IMG_1-1*.JPG
IMG_1-2*.JPG
IMG_2-1*.JPG
IMG_2-2*.JPG

キズができてしまった経緯を考えて、また台車などがぶつかる可能性があります。
パテ材には堅いものを使います。
IMG_20-1.jpg
石の欠落した面にパテ剤や塗料がよく食い付くよう、目粗し、接着プライマー処理を充分に行ないます。
IMG_20-2.jpg
石にも様々な色見、模様があります。また木材とは違う重量感や透明感があります。
パテ材の上から筆やエアブラシで丁寧に塗装していきます。
IMG_20-3.jpg
台車の強い衝撃などで塗料が削られないよう、塗膜面の上からさらにクリアーのパテ材で保護します。
IMG_20-4.jpg
平滑が終わればキメ細かいサンドペーパーやコンパウンドで磨き上げ、ツヤを合わせて完了です。
posted by 九リペ at 20:31| 大理石

2011年02月01日

九州リペアネットワーク・パートナー養成スクール

1月12日から21日まで「独立講習(第1回)」を開校しました。
遠いところからお越しの方もいらっしゃいましたが、5日間、朝早くから参加して下さいました。
「独立講習」はフローリングの小さなキズ補修から始めます。
@成形 A着色 Bツヤ合わせ の基本的な流れを身につけます。
0001.jpg
0002.jpg
0003.jpg
皆さん”調色”や筆使いに苦心されていたようです。
フローリングの部材に慣れたら、建具、家具、サッシ枠の補修方法へと進みます。

最終日には実際の現場で講習を行ないました。
皆さん手際よく、ご自分の課題をこなしていました。
0004.jpg
0005.jpg
0007.jpg
最後にリペア職人としての心得などをお話しして『修了証』をお渡し、5日間の「独立講習」が終了しました。
リペアの難しさ、奥の深さ、そして仕上がった時の達成感、喜びを体感して頂けたのではないでしょうか。
0008.jpg
短い期間でしたがリペアの基礎知識は身についたと思います。
これからも練習を重ね、ぜひお客様に喜ばれるリペア工事を行なって頂きたいと思います。

次回のスクールは2月7日から始まります。
只今受講者を受付中です! まだ間に合います!
ご興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さい。
posted by 九リペ at 20:08| 日記

2011年01月18日

フリーリング焦げ跡補修

2011年、本年も宜しくお願い致します。

早速、急遽来て欲しいとご依頼を受けました。
トイレのフローリングに焦げ跡です。
IMG_2341.jpg
タバコの火でしょうか。焦げ跡の深さは6〜7mmありました。
まずパテうめです。
IMG_2343.jpg
トイレ内は狭いので、作業のしづらさが多少あります。
パテが硬化した後は手際よくサンドペーパーで平滑(研磨)していきます。
パテの上から着色。木目も丁寧に描いていきます。
IMG_2345.jpg
湿気もある場所なので、塗料やパテ材の耐久性にも配慮します。
最後にツヤ合わせ。しっかり保護膜を作って完了です。
IMG_2346.jpg
夕方から現場に入り、3時間程度で仕上る事ができました。
posted by 九リペ at 08:24| フローリング

2010年12月29日

認定パートナー制度・説明会

100.jpg
200.jpg
300.jpg
400.jpg
500.jpg
600.jpg
700.jpg
800.jpg
お陰様で11月21日(日)と12月19日(日)に第一期説明会を開く事ができました。
今回の説明会開催に向けて長い準備期間がありましたが、無事に終える事ができ、ひと時ホッとしました。
しかし来年はスクール開校に向けて、いよいよ渾身の力をふりしぼる時です!
勿論補修現場の方もますます充実させ、お客様にご満足頂けるよう努力しなければなりません。
今年一年の業務を振り返って反省点を忘れず、来年は補修業務の飛躍の年となるよう頑張っていきたいと思います。

2011年もどうぞ宜しくお願い致します!
posted by 九リペ at 08:40| 日記

2010年12月01日

ソフトボール大会

10月30日、旭化成さま主催のソフトボール大会に『城南施工』全職人が参加しました。
毎年恒例の行事で、旭化成へーベルハウス建築工事に関わる多くの業者さんが参加されました。
合計11チームで3リーグに分かれて対戦し、決勝トーナメントへと進みます。
さて、弊社の順位は…。
それはさておき、チームワーク抜群!我が社の奮闘ぶりをご覧下さい!!

因みにわたし達はグラウンドのライン引きから参加させて頂きました。
中々きれいな仕上がりで、主催者さまからプレイ内容よりも多くのお褒めを頂戴しました(笑)
あ.jpg
い.jpg
う.jpg
え.jpg
お.jpg
posted by 九リペ at 08:22| 日記